バスケシュート10B級『リングにボールを飛ばせる』の練習方法【超初心者】


《 この記事を書いた人 》

現役ジュニア専門コーチ
Tatsuya Ao

大手スポーツクラブを退職後、ジュニア指導一筋11年の経験をもとに、
岐阜を拠点としたジュニアバスケスクールを立ち上げ、独立。バスケ歴25年。
現役バスケ&水泳コーチとして活動中。

スクール運営と日々の指導から得た知識と自らの経験を、
「初心者の方にも分かりやすくお伝えすること」をモットーに、
バスケ・水泳を中心としたコーチング情報を発信しています。

バスケ上達の完全マップ
【バスケ超初心者レベル】
《シュート10B級》

「リングに向かってボールを飛ばせる」の練習メニューを解説。

専属バスケコーチ Tatsuya Ao
バスケを始めたばかりの頃は、シュートをリングに向かって飛ばすことも難しいですよね。いきなりシュートをバンバン決めることはできないですが、段階的に練習することで、バスケ初心者の方でもボールをリングに飛ばすことができるようになります!今回はそのために必要な技術を解説します。

 

今回お伝えする内容は、
【バスケ上達の完全マップ】
《バスケ超初心者レベル シュート10B級》
「リングに向かってボールを飛ばせる」を解説したコーチング記事です。

「バスケ上達の完全マップ」とは?

現役バスケコーチ監修
バスケ上達の完全マップ

バスケ・水泳のコーチとして11年、沢山の子供たちを見てきました。

私は現在、ジュニア指導11年の経験をもとにジュニアバスケスクールを運営していますが、指導していく上で「個々のレベルに合った練習」を行うために、段階的に上達していける仕組み、制度が必要と感じました。

そこで生まれたのが、「バスケ上達の完全マップ」です。
段階的に上達していくために、それぞれの技術に進級基準制度を設けて、1つ1つクリアしていく。

バスケの基本から応用技術までを自分のレベルに合わせて練習に取り組むことができますので、無理なく段階的にバスケ技術の習得ができるカリキュラムとなっています。ぜひご活用ください。

※現在完成に向けて執筆中です。
記事が完成次第、順次更新していきます。

 

✔︎ 本記事の内容

リングに向かってボールを飛ばすための3つの練習メニュー

手順①:ゴールに対して正対(まっすぐ立つ)する

手順②:シュートを打ち終わるまでリングから目を離さない

手順③:リングにまっすぐに腕を伸ばす

専属バスケコーチ Tatsuya Ao
バスケでシュートを決めるには「リングに向かってボールを飛ばせること」が大前提です。
「そんなの当たり前でしょ?」と言われそうですが、初めてバスケに取り組む方からすると思っているよりも大変なことです。
まずはじめに「リングに向かってボールを飛ばす」ための練習手順を解説します。

リングに向かってボールを飛ばすための3つの練習メニュー

手順は下記の通りです。

✔︎ 3つの手順

手順①:ゴールに対して正対(まっすぐ立つ)する

手順②:シュートを打ち終わるまでリングから目を離さない

手順③:リングにまっすぐに腕を伸ばす

手順①:ゴールに対して正対(まっすぐ立つ)する

手順の1つ目として、
「ゴールに対して正対する」ことが大事です。

ボールをリングに向かって飛ばすためには、ゴールに対してまっすぐに立ち、ボールを飛ばす方向を定めなければなりません。

そのため、身体が斜めになっていたり、ボールの位置がズレていたりするとリングにボールを飛ばすことが難しくなってしまいます。

✔︎ゴールに正対(まっすぐ立つ)する方法

ゴールに正対する方法はシンプルです。

✔︎ゴールに正対する方法

①足を肩幅に程度に開く

②上半身をしっかりゴール(リング)に向ける

③ボールは身体の中心にセットする

上記の3点を意識しましょう。

✔︎ゴールに正対(まっすぐ立つ)する時のポイント

ポイントは、

・足の幅は、広すぎず、狭すぎずで楽に構える

・ボールを持つ位置はリングと一直線上にする

ことです。

✔︎ゴールに正対(まっすぐ立つ)する時の注意点

注意点は、

・無理のない体勢でOK!

・ボールの位置が身体の外側にならないようにする

です。

足は、横に揃えなくても大丈夫です。

場合によっては、足を前後に開いた方が無理なく構えやすいです。

足を前後に開いても、上半身がゴールに正対していれば問題ありません。

専属バスケコーチ Tatsuya Ao
ボールをリングにしっかりと飛ばすためには、足元(土台)を安定させることが大切です。
自分の楽な体勢で構いませんので、肩幅程度にスタンスを取り、ボールを放つ時に身体がブレないようにしましょう!
ボールを持つ位置をリングと一直線にすることでしっかりリングにボールを飛ばすことができるようになります!

スポンサーリンク

手順②:シュートを打ち終わるまでリングから目を離さない

手順②は、
「シュートを打ち終わるまでリングから目を離さないこと」です。

シュートを打つ時にリングから目を離してしまうと照準が定まらず正確にボールを飛ばすことができません。
シュートを打つ前はもちろんですが、ボールが手から離れてからもしっかりボールの行方を追いましょう。

リングをちゃんと見ているつもりでも、意外に途中で目を離してしまっているケースが多いです。
ボールがリングを通過するまでがシュートです。

✔︎リングから目を離さないための方法

リングのどこを見ているか?

リングは、ぼんやり見るのではなく、一点を注視(集中して見る)することが大切です。

✔︎リングから目を離さないための方法

①リングの一点を集中して見る

②ボールがリングを通過するまでがシュートと心得る

ボールは、自分の視点(視線)の方向に飛んでいきます。

リングの一点を注視することで集中力も高まり、リングにボールを飛ばす精度がアップします。

リングを通過するまでがシュートと考え、常に意識して練習しましょう。

✔︎リングから目を離さないようにする時のポイント

ポイントは、

・狙うポイントをあらかじめ定めておく

・ボールを放つ前にしっかりと構える

ことです。

リングの前や後ろ、ボードの位置など、あらかじめ狙うポイントを決めておくことでシュートを打つ時に狙う位置を考えなくて済むので、リングを見ることに集中できます。

もちろん状況によって狙うポイントは変わるので、常に同じとはいきませんが、意識を植え付ける意味では効果があります。

ボールを放つ前にしっかり構えて準備をする余裕を持ちましょう。
慌てて動きながらだと視点を定めることが難しくなります。

あらかじめポイントを定め、余裕を持って構えることで、リングから目を離さずシュートができ、ボールの精度が高まります。

✔︎リングから目を離さないようにする時の注意点

注意点は、

・リングをぼんやり見ない

ことです。

リングをなんとなくぼんやり見るのはやめましょう。

リングをぼんやり見ているということは、
狙うポイントも曖昧でぼんやりしてしまいます。

狙うポイントが定まっていないシュートは入る確率が低くなってしまいます。

専属バスケコーチ Tatsuya Ao
リングから目を離さないようにすることでリングにボールを飛ばす精度がアップします!リングの一点を集中して見ることは意識次第で簡単にできます。試合中などはプレッシャーもあり、慌ててしまうこともありますが、余裕を持って準備し、常にリングから目を離さないよう心がけましょう!

スポンサーリンク

手順③:リングにまっすぐ腕を伸ばす

手順②は、
「リングにまっすぐ腕を伸ばすこと」です。

ボールを飛ばす腕がまっすぐに伸ばせていないとボールはまっすぐに飛んでいきません。

ゴールに正対し、ボールをリングの一直線上にセットしたら、腕も一直線に伸ばすことを意識しましょう。

✔︎リングにまっすぐ腕を伸ばす方法

意識してほしいことは、

「指先の向き」「ヒジの位置」です。

✔︎リングにまっすぐ腕を伸ばす方法

①指先をリングの方向に向ける

②指先とヒジをリングと一直線にする

ボールに最後に触れる指先がボールの飛んでいく方向を決めます。

ボールを放った後の指先の向きを確認しましょう。

ヒジを伸ばす時にボールに力が伝わります。

指先の方向とヒジの位置がリングと一直線上になっていることが大切です。

✔︎リングにまっすぐ腕を伸ばす時のポイント

ポイントは、

・はじめはゆっくり腕の動きを確認する

ことです。

いきなり速い動作で行うと指先・ヒジの動きを確認できないので、慣れないうちはゆっくりと動作を行い、まっすぐに腕が伸びているかキチンと確認しながら練習を行いましょう!

✔︎リングにまっすぐ腕を伸ばす時の注意点

注意点は、

・ボールを力任せに投げない

ことです。

バスケットボールは、思っているより大きく重たいです。
そのため、ボールを飛ばそうとするあまり振りかぶって、力任せに投げてしまうことが多いです。

特にバスケを始めたばかりの初心者の方は、なかなかボールが飛ばないため、力を入れすぎてしまうケースが多々あります。

力任せのボールコントロールは、精度が低くなってしまい余計にボールがリングに向かって飛ばなくなります。

慣れてこれば、ボールに力を上手に伝えられるようになります。
はじめの段階では、リングにボールが届かなくてもいいので、まっすぐ腕を伸ばす練習を積んでいきましょう。

専属バスケコーチ Tatsuya Ao
リングにボールを飛ばすためには、ボールをまっすぐにコントロールする必要があります。ポイントは指先とヒジの位置がリングと一直線になっていることです。まずは腕の動作をゆっくり確認して腕の使い方を身体に覚えさせましょう!

スポンサーリンク

【まとめ】
《超初心者レベル バスケシュート10B級》
「リングに向かってボールを飛ばせる」の練習方法を解説。

✔︎ 本記事のおさらい

リングに向かってボールを飛ばすための3つの練習メニュー

手順①:ゴールに対して正対(まっすぐ立つ)する

手順②:シュートを打ち終わるまでリングから目を離さない

手順③:リングにまっすぐに腕を伸ばす

について解説しました。

バスケを始めたばかりの方には、
ボールをリングに飛ばすことも難しい技術です。

まずはボールをリングに飛ばすための基本的な動作を習得し、ボールコントロールや身体の使い方を覚えていきましょう!

バスケについてのお悩みなどありましたら、
🏀バスケお悩み相談サービス🏀👈をご活用ください。

「バスケ上達の完全マップ」とは?

現役バスケコーチ監修
バスケ上達の完全マップ

バスケ・水泳のコーチとして11年、沢山の子供たちを見てきました。

私は現在、ジュニア指導11年の経験をもとにジュニアバスケスクールを運営していますが、指導していく上で「個々のレベルに合った練習」を行うために、段階的に上達していける仕組み、制度が必要と感じました。

そこで生まれたのが、「バスケ上達の完全マップ」です。
段階的に上達していくために、それぞれの技術に進級基準制度を設けて、1つ1つクリアしていく。

バスケの基本から応用技術までを自分のレベルに合わせて練習に取り組むことができますので、無理なく段階的にバスケ技術の習得ができるカリキュラムとなっています。ぜひご活用ください。

※現在完成に向けて執筆中です。
記事が完成次第、順次更新していきます。



バスケ上達に悩む
子供たちをなくしたい!

” BASKET LIFE “-オンラインバスケスクール制作プロジェクト始動!

【 こちらも読まれています 】



【 コンテンツ 】

現役バスケコーチが教える!
バスケが上手くなりたいを叶える
バスケコーチング情報メディア


現役スイミングコーチが教える!
もっと上手に泳ぎたいを叶える
スイミングコーチング情報メディア

「あなたの専属コーチ」
あなたの「無限の可能性」を引き出す
コーチング総合メディア


コンテンツ別 人気記事 》
【 バスケ・スイミング・コーチング 】
※タップで開く

まず読んでほしいバスケ10記事
バスケ上達のコツと初心者におすすめの練習方法&トレーニング【まとめ】


ブログ更新をメールでお知らせ!

メールアドレスを入力してフォローすると更新をメールで受信できます。

ABOUTこの記事をかいた人

大手スポーツクラブを退職後、ジュニア指導一筋11年の経験をもとに、岐阜を拠点としたジュニアバスケスクールを立ち上げ、独立。現役バスケ&水泳コーチとして活動中。バスケ歴25年。 スクール運営と日々の指導から得た知識と自らの経験を「初心者の方にも分かりやすい情報をお伝えすること」をモットーに、バスケ・水泳を中心としたコーチング情報を発信しています。