【ドリブルレッスン】相手を華麗に抜く!フロントチェンジのテクニックを習得!


《 この記事を書いた人 》

現役ジュニア専門コーチ
Tatsuya Ao

大手スポーツクラブを退職後、ジュニア指導一筋11年の経験をもとに、
岐阜を拠点としたジュニアバスケスクールを立ち上げ、独立。バスケ歴25年。
現役バスケ&水泳コーチとして活動中。

スクール運営と日々の指導から得た知識と自らの経験を、
「初心者の方にも分かりやすくお伝えすること」をモットーに、
バスケ・水泳を中心としたコーチング情報を発信しています。

相手を華麗に抜く!フロントチェンジのテクニックを習得

バスケットボールのドリブル技術の1つとして、

「フロントチェンジ」のテクニックがあります。

このテクニックを習得することで、相手を華麗に抜くことができるようになります。

バスケットボールのドリブルテクニックの中でも、とても使うことの多いテクニックですので、

すべてのバスケプレイヤーに習得してほしいテクニックです。

ジュニアバスケコーチ TATSUYA AO
相手を華麗に抜く!フロントチェンジのテクニックを習得しましょう!

フロントチェンジとは?

バスケットボールにおいて、
もっとも使うことの多い「ドリブルテクニックの1つ」です。

ドリブルで相手を抜くには、優れたドリブルテクニックが必要。
フロントチェンジは、ドリブルテクニックの中でも特に重要な技術です。

ボールを左右に移動させるテクニック

フロントチェンジは、わかりやすく説明すると「ボールを左右に移動させるテクニック」です。

言葉の通り、

フロント=身体の前で

チェンジ=ボールの持ち手を変える

フロントチェンジ=「身体の前でボールの持ち手を変える」

ボールの持ち手を変えることで、ボールが左右に移動。

ボールを左右に移動させることで、相手を揺さぶり、スキをついて抜くことができます。

フロントチェンジ習得のポイント

フロントチェンジを有効に使うためには、

「ボールを左右に移動させる技術」が必要です。

左右に移動させるためには、腕(手)の使い方が大切になります。

通常のドリブルは、腕(手)を上下、縦方向に動かし、ボールをつきます。

フロントチェンジでは、腕(手)を左右、横方向に動かします。

フロントチェンジ習得のポイントは、

「ボールを横方向に動かす」技術を身につけることです。

ジュニアバスケコーチ TATSUYA AO
ボールを左右、横方向に動かすための腕の使い方や身体、足の使い方を特別ドリルで習得を目指しましょう!

スポンサーリンク

練習の流れ

①ボールを左右に動かす練習

まず、ボールを左右、横方向に動かすための腕の使い方を練習します。

身体の前にボールを置き、左右、横方向に転がします。

ボールを横方向に動かすには、

ボールの側面から力を加える必要があるため、ボールを左右、横方向に転がす動きで、

腕の使い方、ボールへの力の伝え方を習得します。

高くなりがちなドリブルを低い位置でコントロールする感覚を覚えることにもつながります。

②ボールを狙った場所にコントロールする練習

次に、ラダーを使ってボールを狙った場所にコントロールする練習をします。

左右、横方向のドリブルでボールの持ち手を変えながら、
ボールをどこにつけば、反対の手にコントロールできるのか?を知ることができます。

ラダーのマスの間にボールをコントロールできるようになることで、
ミスなく左右にボールを移動させることが可能となり、
フロントチェンジで相手を抜くことに大きく近づきます。

まずは止まった状態から練習を始めていき、
できるようになったら、ゆっくり歩きながらフロントチェンジで進んでいけるよう練習していきます。

焦らず1つ1つ段階的に技術を習得していくことが大切です。

③ボールの動きと足の動きを連動させる練習

腕の使い方を覚え、ボールを左右に動かすことができたら、
次は、ボールの動きと足の動きを連動させる練習をします。

足の動き(ステップ)とボールの動きの連動が、フロントチェンジで相手を抜くための重要なポイントです。

まずは、足を動かすタイミングを覚えます

ボールを横方向に動かすと同時に足も一緒に横方向にステップ。

リズムを取りながら、タイミング良くボールと足を連動できるよう練習していきます。

④障害物を左右の動きで抜く練習

ボールの動きと足の動きの連動を習得したら、コーンを避けながら進む練習をします。

コーンを並べて、コーンの間をすり抜けるように進んでいきます。

ポイントは、

「ボールの動きと足の動きの連動」

抜きたい方向へ足を踏み出し、ステップにボールを合わせていきます。

ステップ時の身体の使い方もここで指導。

足を踏み込む時の身体の入れ方や空いている腕の使い方を習得します。

さらに、コーンの高さを変えながら、
ドリブルの高さを自在にコントロールできるように練習をしていきます。

⑤ディフェンスを相手に抜く練習

フロントチェンジの基本的な動作を覚えたら、次の段階として、

ディフェンスを相手に抜く練習をしていきます。

実際のディフェンスは、コーンと違い抜かれないよう動きますし、ボールを奪いに手も出してきます。

フロントチェンジで、ボールを左右に動かし揺さぶりながら、

相手のスキをついて抜く動きを覚えます。

ドリブルで相手を抜くには、相手との駆け引きが重要になってきます。

相手をしっかり見て、どう動くとどう反応するのかを知り、
勇気を持って前進する力を身につける練習をしていきます。

⑥フロントチェンジからシュートにつなげる練習

最後のステップとして、

フロントチェンジで相手を抜き、シュートにつなげる練習をします。

フロントチェンジで相手を抜いたら、シュートにつなげていく意識を持つことが大切。

ゴールに向かっていくドリブルを覚え、シュートまで持っていく練習をしていきます。

フロントチェンジ〜レイアップシュート、止まってジャンプシュートなど様々なバリエーションを覚えましょう。

⑦強い相手と対決!

上達に一番効果のある練習は、強い相手と闘うことです。

強い相手に向かっていく心を身につけると共に、試合で使えるテクニックを習得していきます。

まとめ

【ドリブルスペシャルレッスン】
相手を華麗に抜く!フロントチェンジのテクニックを習得!

  1. ボールを左右に動かす練習
  2. ボールを狙った場所にコントロールする練習
  3. ボールの動きと足の動きを連動させる練習
  4. 障害物を左右の動きで抜く練習
  5. ディフェンスを相手に抜く練習
  6. フロントチェンジからシュートにつなげる練習
  7. 強い相手と対決!

上記、7つの段階をクリアしていき、フロントチェンジの習得を目指します。

練習内容だけでなく、

練習に取り組む姿勢、チャレンジする心を育てることにも重点を置いています。

バスケ初心者の方には、
▼こちらの記事もおすすめです▼

バスケを最短で上達したいなら「速く考える力」を身につけろ!

2017.11.02

【バスケ初心者必見!】個人練習で習得したい基本技術7つ!

2017.03.23

▼バスケ上達のまとめ記事

バスケ上達のコツと初心者におすすめの練習方法&トレーニング【まとめ】

2018.04.22
ジュニアバスケコーチ TATSUYA AO
しっかり技術を習得し、試合で使えるテクニックを手に入れましょう!


バスケ上達に悩む
子供たちをなくしたい!

” BASKET LIFE “-オンラインバスケスクール制作プロジェクト始動!

【 こちらも読まれています 】



【 コンテンツ 】

現役バスケコーチが教える!
バスケが上手くなりたいを叶える
バスケコーチング情報メディア


現役スイミングコーチが教える!
もっと上手に泳ぎたいを叶える
スイミングコーチング情報メディア

「あなたの専属コーチ」
あなたの「無限の可能性」を引き出す
コーチング総合メディア


コンテンツ別 人気記事 》
【 バスケ・スイミング・コーチング 】
※タップで開く

まず読んでほしいバスケ10記事
バスケ上達のコツと初心者におすすめの練習方法&トレーニング【まとめ】


ブログ更新をメールでお知らせ!

メールアドレスを入力してフォローすると更新をメールで受信できます。

ABOUTこの記事をかいた人

大手スポーツクラブを退職後、ジュニア指導一筋11年の経験をもとに、岐阜を拠点としたジュニアバスケスクールを立ち上げ、独立。現役バスケ&水泳コーチとして活動中。バスケ歴25年。 スクール運営と日々の指導から得た知識と自らの経験を「初心者の方にも分かりやすい情報をお伝えすること」をモットーに、バスケ・水泳を中心としたコーチング情報を発信しています。